防災まちづくり大賞
防災サバイバルキャンプの実践


学校紹介

校長あいさつ

子どもたちの可能性を開花させるために

                                                 

 校庭の花壇の花が色とりどりに咲きそろう春の訪れと共に、10名の新1年生を迎え、全校児童64名で令和3年度をスタートしました。どうぞよろしくお願いします。
 本校は、学校運営支援協議会による夏季休業中に開催されるサバイバルキャンプ、幸手市体育協会吉田支部との共催による吉田地区体育祭、地域の方々による見守り隊、吉ボラ倶楽部による環境整備活動など数多く実施されています。地域に支えられ、地域とともに歩んできた歴史のある学校であり、子どもが育つ素晴らしい環境に恵まれた学校です。今後も地域に愛され、誇りに思われるような学校づくりを目指してまいります。
 さて、現在も新型コロナウイルス感染症の拡大は収まらず、学校は、子どもたちの学びを保障するために新たな対応が不可欠となっております。本校の目指す学校像は、「今日も楽しく、明日が待ち遠しい学校」~本気・根気・挑戦 子どもたちの可能性を開花させる学校~です。今、社会は急速に変化し、予測不可能であっても子どもたちには、目の前の課題に本気で取り組み、あきらめずにやり抜く力を身につけ、できたことに満足することなく、自分のよさやとりえをさらに伸ばすために挑戦し続けることのできる人になってほしいです。そして、子どもたちが思い描く幸せを実現するために教師や仲間たちと学ぶことが楽しく、「もっと学びたい」「もっと挑戦してみたい」と自分の可能性を広げるために学校で学ぶことが待ち遠しくなるような学校づくりを目指していきたいと思っております。
 そのために、教職員が子どもたちひとりひとりに寄り添い、子どもたちの可能性を開花でさせることのできる教育のために伝統を継承しつつ、時代に即応した新たな創造を目指し、あきれめず挑戦し続けます。教職員が一丸となり、教育活動に全力で取り組んでまいります。
 今後も皆様の御支援と御協力をお願いいたします。


スクールプラン


吉田小学校校歌



↓ クリックすると校歌を聴くことができます。