学びあい 支えあい 高めあい 笑顔あふれる学校へ
     〜 優しさと厳しさと温かさで子どもを鍛え、はぐくみ、
        ひとり立ちできる子を育てる地域の学校
を目指して 〜

 本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

【新年のご挨拶】
 令和2年の念頭に、改めてご挨拶を申し上げます。
 今年度は幸手市教委委嘱のコミュニティースクールになり、学校運営協議会が発足しました。
 その中で、校是「ひとり立ち」が承認され、本校の児童一人一人が強く、たくましく育ち、協働の学びを進めていけるように教育課程を組むことが確認されました。
 年頭に当たり、児童には「志ある者、事竟になる」ことと、「忠恕の心をもつ」ことの二つを始業式で話し、本校の目標にすることを伝えます。「こうなりたい」と願い、努力を続ける者には天も味方となり、困難なことがあっても志は実現できる。そのためには、思いやりや優しい心をもって周りの人と接しましょう。それが、「学びあい」で「ひとり立ち」を実現する道だと考えるからです。
 本校職員、全員が一人一人の持ち味を生かして、独り立ちできる子を育てる地域の学校を目指して取り組んでまいります。
 本年も、これまで以上のご理解とご支援をたまわりますようお願いいたします。(令和2年1月)

【本校の紹介】
 明治6年5月の開校から146年を数える長い歴史と伝統のある権現堂川小学校。
 保護者や地域の皆様の御理解と御協力により、学校と地域が一体となって教育を推し進めている学校です。

 今年度も微力ではありますが、子どもたち一人一人の心身の健やかな成長を図り、保護者や地域の皆様から信頼され愛される学校となるよう、誠心誠意、力を尽くしてまいります。保護者や地域の皆様をはじめ関係の方々の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。

【校是の設定】
  新元号「令和」が発表され、新しい時代となる機会に、学校沿革史をふまえたうえで、本校の「校是」を検討しました。
 現在の学校の教育目標は、「自分から行動できる子」です。20年前までは「ひとり立ちできる子」でした。校門をくぐって正面に設置されている校歌の石碑には、これが「学校の教育目標」として刻印されています。

 令和元年6月7日(金)第1回学校運営協議会において、校是「ひとり立ち」が 承認されました。今後は、正式に「校是」として地域の願いを受けた学校運営 に尽力してまいります。
 
【今年度の目標】
 さて、本校は新年度の始まりにあたり、下記のとおり、それぞれの目標を定めました。

 学校の教育目標:自分から行動できる子の育成
 目指す学校像 :学びあい 支えあい 高めあい 笑顔あふれる学校
 目指す児童象 :すすんで学ぶ子(向上心)・ たすけ合う子(共生)・きたえる子(健康)
 目指す教師像 :優しさと厳しさと温かさで子供を認め励ます教師
 生徒指導上の合言葉 いつでも どこでも さわやかなあいさつをしよう

 本校の教育活動が円滑に推進できますのも、毎日支えていただいている保護者や地域の方々のご理解とご支援の賜物と感謝しております。 
 新年度も、教職員全員が子どものため、地域のために優しく厳しく温かく、を合言葉に、子どもを丸ごと受け止め、認め、励ましながら、子どもたちを鍛え、ひとり立ちできる子の育成に全力で取り組んでまいります。
  一層の御支援を賜りますようお願い申しあげます。

  本校では、教職員が心を一つに力を合わせ、優しさと厳しさと温かさで子どもを鍛え、はぐくみ、ひとり立ちできる子を育てる地域の学校を目指して「学びあい 支えあい 高めあい 笑顔あふれる学校」の実現に邁進してまいります。 また、本県の推進する「生きる力と絆の埼玉教育プラン」及び「幸手市教育大綱」並びに幸手市教育委員会の推進する「挑戦と創造の気概をもち、夢と感動を育む教育」の実現のために、本校教育の一層の充実に努めてまいります。                                           
令和元年9月  
                   幸手市立権現堂川小学校 校長 川島正晴                     

校長室より


ホームページTOPへ